音楽・映画連動講座「ボヘミアン・ラプソディ」Part 3 & Part 4

「音楽を題材とした映画」の音楽に焦点を当ててアカデミックに解説していくシリーズ講座。4月6日(土)開催の「Part.1」ではQUEENの1st「戦慄の王女」から3rd「シアー・ハート・アタック」までに焦点をあて解説。6月29日(土)開催の「Part.2」では 4th 「オペラ座の夜」から6th「世界に捧ぐ」に焦点をあて、特に映画のタイトルにもなっている楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」やブライアン・メイの奏でるギターを中心に解説を行いました。
最終章となる9月7日(土)は1st Session(13:00-15:00)をPart.3とし、1978年発表の「JAZZ」から1984年発表の「THE WORKS」までを解説予定。2nd Session(17:00-19:00)をPart.4とし、フレディ・マーキュリーのソロ・ワークに焦点を当てて解説の予定です。

<「ボヘミアン・ラプソディ Part.I」講座レポート>

講座詳細

主催 タワーアカデミー(タワーレコード株式会社)
日時 2019年9月7日(土)
Part.3: 13:00-15:00(終了予定)
Part.4: 17:00-19:00(終了予定)
講師 Part.3 マーティ・フリードマン
Part.4 石井一孝
MC 矢口清治
ゲストMC 萩原健太(Part.3、Part.4共に解説)
受講料 各3,000円(税込・1つのPartに付き)
定員 200名
会場 音楽の友ホール
アクセス 〒161-0033 東京都新宿区神楽坂6-30
東京メトロ東西線 神楽坂駅1番出口から徒歩約1分。
都営地下鉄大江戸線 牛込神楽坂駅A3出口から徒歩約7分。
東京メトロ東西線 飯田橋駅B3出口から徒歩約11分。
https://www.ongakunotomo.co.jp/company/hall.html


マーティ・フリードマン (MARTY FRIEDMAN)
CACOPHONY(カコフォニー)等のバンド活動を経て、1990年にMEGADETH(メガデス)に加入。後に全世界で1300万枚以上のアルバムセールスを誇るメガバンドへと導き、世界中に熱狂的なファンを持つギタリストとなる。
後にMEGADETHのツアーで来日を重ねるうちに日本通となり独学で日本語の勉強を始め、アリゾナ州⽴⼤学の日本語弁論⼤会で2位になるまで上達する。 MEGADETH脱退後、2004年に活動の拠点をアメリカから日本・東京へと移す。 2005年からテレビ東京で放送された伝説のロックバラエティー番組「ヘビメタさん」にメインのレギュラー出演者として登場し、日本国内のヘビーメタルファンだけではなくYouTubeを通じて世界のヘビーメタルファンを驚かせた。続編レギュラー番組「ROCK FUJIYAMA」は世界各国で話題の番組となる。 その後、NHKや⺠放各局のテレビ番組への多数出演、同時期に雑誌と新聞にも連載を持ち、初の執筆書籍「い〜じゃん! J-POP だから僕は日本にやって来た」を出版し、ベストセラーとなる。 2008年に映画「グーグーだって猫である」、「デトロイト・メタル・シティ」にも出演するなどマーティ・フリードマンの存在と才能を一般に浸透させた。現在、ギタリスト・作曲家・プロデューサーだけに留まらず、テレビ・ラジオ・CM・映画など様々な角度でマルチアーティストとして活動している。
http://www.martyfan.com/


石井一孝
1990年。舞台というものを⾒たこともなかったのに、知人の勧めで「ミス・サイゴン」のオーディションを受ける。15,000人を超える応募者の中から奇跡的に合格。1992年5月5日帝国劇場でデビュー。舞台俳優としての道を歩み始める。1993年にはディズニーアニメ『アラジン』の歌を担当。あの「ホール・ニュー・ワールド」を歌っている。ミュージカル俳優としての代表作は『レ・ミゼラブル』のマリウス、ジャン・ヴァルジャン。『三銃士』のアラミス。『スカーレット・ピンパーネル』のショーヴラン。『デスノート』の死神リューク など。2010年、『マイフェアレディ』ヒギンズ役および『蜘蛛⼥のキス』モリーナ役の演技で、「第35回菊田一夫演劇賞」演劇賞を受賞する。
テレビでは『下町ロケット』の石坂部⻑役が記憶に新しい。
一方、フレディー・マーキュリーを師と仰ぐクイーンマニアでもあり、シンガーソングライターとしての活動も積極的。1999年に1st CD『Heart & Soul Cafe』をリリース。作詞・作曲・編曲がライフワークに。2006年、音楽劇『花嫁付添人の秘密』では全曲を書き下ろし、舞台音楽作曲家としての世界にも進出する。
レコーディング・アーティストとしても驚異の制作⼒を持っており、常に⾃主制作でレコーディングを敢⾏。その費⽤に3000万円を費やしている。現在アルバムを8枚、ミニアルバムを1枚リリース。最新作は8/24リリース、フランスのミュージカル俳優ローラン・バンとのコラボCD「ボワッタ・ミュージック」。毎週火曜24時〜FM Cocolo「Midnight Treasures」のDJを5年に渡り務めており、過去260回のすべての選曲も手がけている。9/15(日)には人生初の一人ミュージカル『君からのBirthday Card』の上演が控えている(ゲスト 佐々木崇)。原案・作曲・主演をすべて1人で手がける感動の物語。築地の浜離宮朝日ホール 小ホールで2回公演。石井一孝公式サイト、チケットぴあで絶賛発売中!
https://kazutakaishii.com/


萩原健太(ゲストMC)
音楽評論家。⽶⽶クラブをはじめ、数多くのアーティストのプロデュースや作曲を手掛ける。著書も数多く執筆している。直近では、2019/3/13 に発売になった鈴木雅之氏のアルバム「Funky Flag」収録曲「どんすた」をプロデュース。
http://nothingbutpop.wordpress.com/

<使用機材>
CD/SACDプレーヤー:LUXMAN D-08u
コントロールアンプ:LUXMAN C-900u
パワーアンプ:LUXMAN M-900u
アナログプレーヤー:LUXMAN PD-151
フォノイコライザー:LUXMAN EQ-500
クリーン電源:LUXMAN ES-1200
スピーカー:FOCAL Scala Utopia Evo

LUXMAN:1925年創業の世界でも有数の歴史を誇るオーディオ専業メーカー。オーディオ黎明期から高品質な製品により高い信頼と評価を得る。現在も、その伝統と技術に培われた多岐に亘る製品ラインナップを構築し、幅広い層より熱い支持を得ている。
http://www.luxman.co.jp/product/

FOCAL:フランスのリヨン近郊に本社を構える1979年創業のスピーカー総合メーカー。
ユニットの製造に会社設立の端を発し、ユニットからエンクロージャーまでフランス国内の自社工場で一貫生産している。独自の技術と優れた製造力で世界的に評価の高い製品を数多く輩出している。
https://www.focal.com/jp/high-fidelity-speakers/utopia-iii-evo/scala-utopia-evo

<これまでの講師陣>
4/6 Part.1
1st Session:大貫憲章 
2nd Session:フレディ・エトウ(QUEENESS)、サンプラザ中野くん

6/29 Part.2
1st Session/ 2nd Session共 ゲストMC:萩原健太
1st Session:ROLLY
2nd Session:清水一雄(QUEENESS) (敬称略)

<これまでの使用オーディオ・メーカー>
4/6 Part.1
オーディオ:アキュフェーズ スピーカー:トライアングル(ロッキー・インターナショナル)

6/29 Part.2
ROKSAN (ナスペック)