アーティストプロデュース講座-Creative-〜 Basic編〜

これからのアーティストプロデュースは、自ら企画を立て、プロデュースできる人材が必要です。それは、アーティストがセルフプロデュースをする際にも言えることです。
アーティストという素材を発掘、ブラッシュアップしてビジネスにするという発想だけでは本当のプロデュースと言えません。
本講座では、本当のアーティストを生み出せるプロデュース能力をつけるための、音楽・ビジュアル・その他様々な要素についての青写真の描き方を学びつつ、音楽クリエイターから起業への道を目指す人を育成します。

講座詳細

主催 タワーアカデミー(タワーレコード株式会社)
日時 2019年4月25日(木)、5月16日(木)、6月6日(木)19:00-21:00(全3回)
受講料 28,000円(税込)
定員 15名(最少催行人数5人)
会場 高田馬場教室(東京アニメーションカレッジ内)
アクセス 〒161-0033 東京都新宿区下落合1-1-8
□JR山手線・西武新宿線
「高田馬場」駅早稲田口より徒歩5分
□東京メトロ東西線
「高田馬場」駅1番出口または2番出口より徒歩5分
http://www.tokyo-anime.jp/access/
持ち物 iPadかノートパソコンをご持参ください
講師 宮田正広
内容 【第1回】 
2019/4/11(木):青写真の描き方1

アーティストの商品価値を高めるための音楽についての青写真の描き方と課題。
【第2回】
2019/4/25(木):青写真の描き方2

アーティストの商品価値を高めるためのビジュアル、その他様々な要素の青写真の描き方と課題。
【第3回】
2019/5/16(木):課題添削

アーティストプロデュースについての課題制作。
備考 講座の間には、メールや、ZOOMでの個別指導もあり。
申込条件 講座の申込にはタワーレコードメンバーズのご入会か、dアカウントが必要です。

 
 

講師プロフィール:宮田正広

サウンドプロデューサー/A&R/マルチプレイヤー/エンジニアプロデューサー
 財団法人ヤマハ音楽振興会が主催する第24回ポピュラーソングコンテスト本戦会、第13回世界歌謡祭に出場。25歳の時にミュージシャンに区切りをつけ、制作ディレクターとしてヤマハ音楽振興会やソニー・ミュージックエンタテインメントで15年に渡って実績と経験を積む。2000年、制作、レーベル、レコーディング、・マスタリングまでを行う Apple Paint Factory Ltd を設立。設立後、多数のロックバンドやシンガーソングライターをアマチュアからメジャーデビューに導くと同時にミュージシャンの独立を支援している。

<育成した主なアーティスト>
the brilliant green/フラワーカンパニーズ/To Be Continue(d)/センチメンタルバス/西岡和也(元 Continental Breakfast)/川嶋あい/コバソロ/go!go!vanillas/他多数

<講師からのメッセージ>
音楽業界は誰のものでしょう。CDが売れなくなったと言われて久しいですが、それでも音楽は必要です。音楽業界の前に音楽は誰に必要なのでしょうか?ヒット曲はそこから生まれます。これからは、誰もが音楽の世界で活躍するチャンスがあります。必要としている人に直接音楽を届けられるのです。音楽の仕事は音楽業界のものではありません。音楽を必要としている人に届ける仕事です。表現者がいて、ソングライターがいて、必要としている人がいる。これはとてもシンプルなことです。この講座ではまずはそこに立って仕事を始める。誰もが起業家になる。先ずは、アーティストをプロデュースすることから始まります。